ITRIベンチャーを世界へ フリー・バイオニクスとUSCI ジャパンが、業務提携により日本市場へ進出

胡竹生、劉仲明、巫震華、森清隆、黄俊東、舒天縱
胡竹生、劉仲明、巫震華、森清隆、黄俊東、舒天縱【拡大】

2017/08/10

工業技術研究院

ITRIベンチャーを世界へ フリー・バイオニクスとUSCI ジャパンが、業務提携により日本市場へ進出

 財団法人工業技術研究院(以下、ITRI)は、台湾初の歩行支援ロボットと関連サービスを展開するスピンオフベンチャーとして、2017年2月にフリー・バイオニクス社(本社:台湾、英文:FREE Bionics Inc.)を創立しました。これはITRIによるテックベンチャー創出の成功事例です。8月10日のフリー・バイオニクス社とUSCIジャパン(本社:日本、英文:USCI Japan Ltd.)の業務提携の締結式にて、フリー・バイオニクス社巫震華代表(Cheng-Hua Wu, Founder & CEO)とUSCIジャパン森清隆代表取締役による署名を行い、立会人としてITRI劉仲明院長(Jonq-Min Liu, President of ITRI)、出資企業であるウィストロン社黄俊東CTO(Donald Hwang, CTO of Wistron Corporation)が出席しました。今後、2018年中に当社の歩行支援ロボットを、日本の主な病院10数箇所へ導入し、2019年までに脊髄損傷者向け歩行支援ロボットの主要ブランドになるという目標を掲げています。脊髄損傷の患者に希望をもたらすと同時に、台湾の研究開発成果をグローバルへと導いていきます。

 ITRI劉仲明院長のコメント:ITRIは新技術の開発に注力し、ベンチャー創出によって研究開発成果の産業化を推進し、産業技術の新たな可能性を広げてきました。フリー・バイオニクス社は従来の歩行支援ロボット課題であった、重量・走行効率・環境適応性など改善し、軽量化構造・高性能駆動モジュール、各歩行者の動作情報収集による最適な歩行パターン設計といった、ソフト面とハード面の技術難題をクリアし、脊髄損傷者に自信をもたらします。

 フリー・バイオニクス社巫震華CEOのコメント:技術開発チームの最大のモチベーションは、脊髄損傷者に「再び立ち上がる事ができる」という希望を抱いてもらうことです。この技術を製品化し、世界中の患者の希望を叶えるために、フリー・バイオニクス社を創立しました。我々は、歩行支援ロボットの進出目標として日本市場に着目しました。研究チームがまだITRIにいた頃から、日本の医療機関と何年も相互協力をしてきた経緯があるほか、ロボット市場において、日本は比較的開放的で、法律面の対応も進んでいるからです。また、2019年までに脊髄損傷者向け歩行支援ロボットの主要ブランドになるという目標も掲げました。

 USCIジャパン森清隆代表のコメント:世界の他の類似ロボットと比較し、フリー・バイオニクス社が重点を置いているのは、「人」を中心に考えて設計されている事です。ソフト面とハード面共にユーザビリティが向上するようデザインされており、使用者がより装着しやすい・使いやすいものになっています。日本では、すでに多くの医師に賛同を得ました。USCIジャパンでは、2018年中にフリー・バイオニクス社の歩行支援ロボットを、日本の主な病院10数箇所へ広める予定です。

 世界のサービスロボットの発展において、この歩行支援ロボットは、手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」に次ぐ、生活に変化をもたらす技術です。ITRIの産業経済情報研究センター(略称IEK)によると、世界のロボット市場規模は2011年の122億ドルから、2021年までに336億ドルへと増加すると予想されています。中でも、医療ケア関連ロボットは成長の主力であり、工業用よりもサービスロボットの規模が上回ると予想されています。

 巫震華氏らITRIの研究開発チームは、2011年から脊髄損傷患者向けの軽量歩行支援ロボットを開発してきました。ウェアラブルな設計で、動力を使うことで、従来では考えられなかった「立ち上がる・座る・歩く・階段やスロープの歩行」を可能にしました。この研究開発成果は、2016年に「R&D 100 Award」が受賞しました。他の歩行支援ロボットに比べ、「人をもとにする」という研究開発理念のもと、より軽くて薄いロボットを開発し、ユーザーの声を反映し、使用者の生理条件と生活形態を考慮し、使いやすいように設計しました。フリー・バイオニクス社は同日(8月10日)、最新の歩行支援ロボットを発表しました。安全性・利便性、操作性に優れた設計のみならず、身長150cmから190cmまで対応でき、100km重量制限に耐えられます。今後はより多くの患者が、より楽に歩けるようになることを目標に、そして最も重要なのは、もう一度立ち上がり、自信を取り戻す事です。

参考:

ォ フリー・バイオニクス社(英文:FREE Bionics Inc.)
創立者:巫震華 Cheng-Hua Wu, Founder & CEO
成立年:2017年
従業員:18人
資本金:1億台湾ドル

ォ USCIジャパン株式会社(本社:日本、英文:USCI Japan Ltd.)
代表取締役:森 清隆
成立年:1980年
規模:日本医療機関の顧客は1300院超
年売上高:約230億円、日本市場におけるシェア10%

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。