【eco最前線を聞く】TBM 水・木・石油の使用量大幅減の「紙」 (1/3ページ)

LIMEXで作られたトレーや名刺、チラシなど
LIMEXで作られたトレーや名刺、チラシなど【拡大】

 □TBM・山崎敦義社長

 ベンチャー企業のTBM(東京都中央区)は製造過程での水や木、石油の使用量を大幅に減らし、紙やプラスチックの代わりになる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発した。3月には、プラント大手の日揮とともにサウジアラビア国家産業クラスター開発計画庁(NICDP)と事業化調査で合意し、現地で工場立地の可能性に関する調査を進めている。TBMの山崎敦義社長に、新素材の可能性などについて聞いた。

 ◆優れた耐久性

 --LIMEXとは

 「石灰石を主原料にポリオレフィン樹脂を混ぜ合わせたものだ。LIMEXという名前も、石灰石を意味する英単語『LIMESTONE(ライムストーン)』に無限の可能性を表す『X』とを掛け合わせた」

 --特長は

 「LIMEX製造時に必要な水の量が普通紙に比べて、わずか2%ですむ点だ。しかも石灰石は日本では100%の自給率を誇る鉱物資源で、世界的にも埋蔵量が豊富だ。素材としても普通紙よりも耐水性や耐久性がある。またプラスチックよりも加工が容易だ」

 --開発のきっかけは

 「約10年ほど前に知り合いから石灰石でできた紙『ストーンペーパー』を使った名刺を見せられたのがきっかけ。ちょうどその頃、世の中が『エコ』と言われ出したことで、面白い素材だと思い、知り合いのつてをたどって台湾のメーカーと交渉し、2008年から輸入販売を始めた。でも売れなかった」

 --その理由は

 「紙よりも重かったため、使い勝手が悪いと敬遠されたからだ。でも、何とか形にしたいと思い、開発に取り組んだ。スタートアップの私たちにとって、思い切り研究できる場所や機材がなく、いろんな企業や大学の研究室を借りながら実験を繰り返した」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。