とことん遊び尽くせ! 200万円台で買えるオススメのステーションワゴン 2017年版 (1/3ページ)

 一時期爆発的な人気を誇ったステーションワゴン。しかし「便利なクルマ」は年々増え、現在ではミニバンやSUVが主流となり、存在感は徐々に薄くなってきています。

 しかし、ステーションワゴンにはステーションワゴンだからこそできることがまだまだあります。たとえば、フォーマルとカジュアルが上手く融合したスタイルや、マンションなどに設けられた立体駐車場も安心して使える全高の低さと、その低さを活かした軽快なフットワークも魅力。さらに、最新のワゴンでは安全装備も充実させています。

 ■スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

 実用性と安全性を兼ね備えたワゴンとして真っ先に名前が挙がるのが「レヴォーグ」です。日本専売として開発されただけあって、ボディサイズは扱いやすく、また荷室は隅々まで余すことなく使える形状と広さを備えており、9インチのゴルフバッグ4個を横にして積めます。

スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

 搭載するパワートレーンは1.6Lまたは2.0Lの水平対向エンジンにCVTを組み合わせ、駆動方式は全車4WDを採用することで、積雪路でも頼もしく走ってくれます。

 安全装備はスバルでお馴染みの「EyeSight」を搭載しますが、直近のマイナーチェンジで新たにツーリングアシストを搭載。区画線や先行車を検知しつつ、0-120km/hもの速度域でアクセル/ブレーキ/ステアリング操作をアシストし、ドライバーの疲労を軽減します。

スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

ドイツ車の中では比較的リーズナブルなブランド

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。