フィアット、BMW陣営と提携 自動運転車プラットフォーム開発

 欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は16日、自動運転車のプラットフォーム開発でドイツ同業BMWや米半導体大手インテルなどの陣営に加わると発表した。

 FCAはこうしたコストのかかる取り組みを単独で進めることに慎重な姿勢を示していた。同社は米インターネット検索大手グーグルの親会社アルファベットの自動運転車開発部門ウェイモにプラグインハイブリッド・ミニバンの「クライスラー・パシフィカ」を供給している。

 BMWとインテル、ハイテクカメラ・ソフトウエアのモービルアイは昨年、自動運転車を開発し、2021年までに完全な自動運転システムを市場に投入することを目指し提携。今年に入りインテルは150億ドル(約1兆6450億円)でモービルアイを買収した。自動車部品メーカーのデルファイ・オートモーティブやコンチネンタルも今年、同陣営に加わっている。

 FCAのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は16日の声明で「自動運転技術を進化させるためには、自動車メーカーと技術提供者、自動車部品メーカーが手を組むことが不可欠だ」と指摘した。(ブルームバーグ Jamie Butters)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。