ツイッター投稿、即座に景気分析 経産省、AI活用の新指数を開発

 経済産業省が、ツイッターの投稿や民間企業が持つ販売情報といったビッグデータと人工知能(AI)を活用して景気動向を把握する新しい経済指数の開発を進めている。公表まで時間がかかる既存の統計に比べ、経済活動の変化を即座に知ることができるのが特長で、迅速な政策判断につながると期待されている。

 新指数は「景況感」「鉱工業生産予測」「家電量販店動向」の3指数。経産省は7月19日からインターネット上で試験的に公開を始めた。

 景況感と生産予測は、AIが自ら学習し判断能力を高めるディープラーニング(深層学習)と呼ばれる技術を活用。毎日のツイッターの投稿から「残業で疲れた」「給料が増えない」といった仕事や景気に関する情報だけを抽出。投稿の内容や出現回数を分析し、日々の景況感や生産予測として数値化する。

 量販店動向は、店舗のレジを通じて購買情報を集積したPOSデータを使った。現在は全国約2500店の家電量販店のデータを集計、売上高をカメラやAVなど分類別も含めて掲載している。来年1月以降はスーパーやコンビニも追加する予定だ。

 鉱工業生産や商業販売に関する既存の統計は集計に時間がかかり、発表は1カ月程度先になるが、新指数は毎週の結果が翌週に公表される。ただ、収集できるデータや分析能力が不十分で精度向上が今後の課題となる。

 SMBC日興証券の丸山義正チーフマーケットエコノミストは「速報性に優れており、景気後退入りの早期察知に役立つ可能性がある。統計作成にかかる費用削減にもつながる」と指摘した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。