ポテサラO157、「でりしゃす」24日から自主休業 群馬の発症者は3人に

O157による食中毒が発生した「でりしゃす籠原店」が入る「食彩館マルシェ籠原店」=22日、埼玉県熊谷市拾六間(川上響撮影)
O157による食中毒が発生した「でりしゃす籠原店」が入る「食彩館マルシェ籠原店」=22日、埼玉県熊谷市拾六間(川上響撮影)【拡大】

 埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」や群馬県内の系列店で販売されたポテトサラダを食べた客から腸管出血性大腸菌O157が相次いで検出された問題で、総菜店を経営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市新井町)は24日から「でりしゃす」の全17店舗を自主休業した。

 31日までの1週間で、同社は「原因が特定できていないが、消毒、清掃や安全対策を徹底するため」と話している。

 一方、同県伊勢崎市でも同市内の系列店のポテトサラダを食べた人がO157に感染していたことがわかり、県内の感染者は前橋市の女児と60代女性と合わせ、計3人になった。

 県によると、新たに発症が判明したのは、伊勢崎市の90代女性。入院中というが、ポテトサラダが原因かは断定しておらず、女性がポテトサラダを購入した時期も不明という。

 また、前橋市によると、女児と60代女性の2人は今月11日に、同じ店舗で購入したものを食べたといい、引き続き、ポテトサラダとの因果関係を調査している。

 一方、高崎市保健所は24日、ポテトサラダを製造した同市の食品会社が原材料の野菜を仕入れた専門業者に立ち入り調査を実施。原因究明を急いでいる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。