【膨張する仮想通貨】(中)今年に入り価格急騰 投資ブームでバブル懸念も (1/2ページ)

仮想通貨への投資に関する説明会に集まった個人投資家ら=7月中旬、東京都内
仮想通貨への投資に関する説明会に集まった個人投資家ら=7月中旬、東京都内【拡大】

 世界中から投資マネーが流れ込み、インターネット上で取引される仮想通貨の価格が今年に入って急騰している。国内でも値上がり益を狙って個人を中心に投資熱が高まっているが、バブルとの声が上がるほか、関連するトラブルの相談も増えている。

 購入層広がり新局面

 「(仮想通貨の代表格である)ビットコインの価格はまだ値上がりする可能性がある」。7月中旬に東京都内で開かれた仮想通貨の投資説明会。集まった約40人の個人投資家らは、講師の説明に熱心に耳を傾けた。参加した会社員の野口麻希さん(28)は「知人が最近、仮想通貨への投資で成功し、関心を持った」と目を輝かせた。

 米情報サイトのコインデスクによると、ビットコインの価格は、昨年12月初めに1ビットコイン=約750ドル(約8万2500円)だったが、今年8月半ばに過去最高値の4000ドル台半ばまで急騰した。ビットコインに次ぐ時価総額のイーサリアムなど、他の仮想通貨でも値上がりが目立った。

 取引所を運営するビットバンク(東京)の広末紀之社長は、以前は先端技術に興味を持っている人が仮想通貨を保有していたが、今は大半が投資目的で購入しており、ブームになっていると分析。「購入層が広がり、新しい局面に入った」と、仮想通貨への投資が一般的になってきているとの見方を示した。

トラブル相談が倍増