鳥取砂丘で月面探査車実験 民間チーム「HAKUTO」が動画送信

チーム「HAKUTO」の探索車(HAKUTO提供)
チーム「HAKUTO」の探索車(HAKUTO提供)【拡大】

 宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区)が中心となる民間月面探査チーム「HAKUTO」(ハクト)は29、30日、鳥取市の鳥取砂丘で無人月面探査車を使った通信実証試験を行う。

 鳥取砂丘を月面に見立て、探査車で撮影された高解像度の動画や画像が問題なく送信できるかを調べる。実験にはKDDIとKDDI総合研究所と共同で実施する。また29日夜には、一般向けに試験の見学会を予定している。

 HAKUTOは米グーグル主催の月面探査レース「グーグル・ルナXプライズ」に日本で唯一参加。12月下旬にインドのロケットで打ち上げる計画。探査車の全長58センチで、世界の4チームと競う。民間による月面探査が実現すれば、日本の宇宙開発史上初の快挙となる。

今、あなたにオススメ
Recommended by