トヨタ、安全機能車種拡充 自動ブレーキと踏み間違い防止 9割に併用

 トヨタ自動車は28日、最新の安全機能を設定した車種を拡充すると発表した。自動ブレーキに加え、アクセルとブレーキの踏み間違い防止機能の併用車種を2018年度末までに乗用車全体の約9割で選べるようにする。高齢ドライバーの踏み間違えなどによる死傷事故の多発が社会問題化する中、トヨタも安全技術の設定機種拡大で対応を図る。

 トヨタの独自算出によると、自動ブレーキを搭載したトヨタ車では、車などとの追突事故が非搭載車に比べ5割減なのに対し、踏み間違い防止機能との併用車では約9割減と、併用による事故の大幅な低減効果が確認されているという。

 政府が普及を目指す高齢者の安全運転支援車「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」でも、自動ブレーキと踏み間違い防止の機能を併用した車両が最高ランクの「ワイド」に当たる。既にワイド相当車種は、マツダがオープンカーを除く全車両に標準装備することを決めるなど、採用が広がりつつある。

 トヨタは、自動ブレーキについては、今後、国内投入するほぼ全車への設定を決めていたが、踏み間違い防止機能の設定は現状約3割にとどまっており、事故減少には併用車種の拡大が欠かせないと判断した。

 トヨタは、新車への安全技術の設定拡充と並行して、販売店での安全技術の体験試乗会の実施も拡大する。年内に全国のトヨタ販売店280社で実施が可能な体制を築き、安全技術の啓発活動にも力を入れる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。