ベンツの大型トラック、インドネシアで生産開始 市場開拓図る

メルセデス・ベンツ新工場の完成記念式典で披露された大型トラック「アクサー」=29日、インドネシア・ボゴール(宇野貴文撮影)
メルセデス・ベンツ新工場の完成記念式典で披露された大型トラック「アクサー」=29日、インドネシア・ボゴール(宇野貴文撮影)【拡大】

 独自動車大手ダイムラーグループは29日、メルセデス・ベンツブランドの大型トラック「アクサー」の生産をインドネシアで開始したと発表した。同国ではダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスが小型トラックを中心に46%以上の高シェアを誇るが、インフラ投資の増加で道路の整備が進み、大型トラックの需要が高まっている。製品ラインアップを拡充し、市場の一層の開拓を図る。

 インド南部チェンナイ近郊の工場で生産したキットを、首都ジャカルタに近接する西ジャワ州ボゴールに約2000万ドル(約21億7400万円)を投じて新設した工場に移送し、完全ノックダウン(CKD)方式で組み立てる。

 新工場の生産能力は年間最大4500台。車両総重量25トンのモデルをはじめ、8モデルを生産する計画で、ダイムラー子会社を通じて鉱山業者などに販売する。

 この日開かれた工場の完成記念式典には、地元政治家、顧客、ディーラー、従業員ら約700人が出席した。

 同国のトラック市場をめぐっては、三菱ふそうトラック・バスが1970年に参入。75年には小型トラック「キャンター」を「コルトディーゼル」として発売し、今年に入って累計販売100万台を達成した。(インドネシア・ボゴール 宇野貴文)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。