トヨタ・スープラのヒントは? BMW「コンセプトZ4」をアメリカで公開 (1/3ページ)


【拡大】

 新型BMW Z4のデビューを示唆する「BMWコンセプトZ4」コンセプトが、アメリカ・カリフォルニアで開催されている「ペブルビーチ・ コンクール・デレガンス」にて披露されました。

 次期BMW Z4といえば、噂されている新型トヨタ・スープラとの共同開発が気になるところ。トヨタとBMWは、2013年1月に「燃料電池システム(FCシステム)」、「スポーツカー」、「軽量化技術」の共同開発研究の3つを軸に、「ポストリチウムイオンバッテリー技術の共同研究」も含めて正式契約が交わされています。

 共同開発の成果として、2016年9月には、トヨタのFCシステムを搭載した5シリーズ・グランツーリスモの試作車を日本のプレス向けに公開済み。

 スポーツカーの共同開発を振り返ると、2013年1月に「両社は、ミッドサイズのスポーツカーに搭載する共通のプラットフォームのコンセプトを決定するためのフィージビリティ・スタディ(採算性などの実行可能性)を開始することで合意。お客様によりご満足いただけるよう、両社の技術と知見を高いレベルで融合していく。同フィージビリティ・スタディは、本年中に完了する予定。その後、両社は、スポーツカーの共同開発に向けた将来の更なる協力について検討していく」としています。

 さらに、トヨタの内山田副会長(現トヨタ会長)は、「スポーツカーの共同開発」について、クルマはやはり、エキサイティングでないといけません。ワクワク・ドキドキする走り、最先端を感じさせるデザイン、そして環境性能も最高レベルであって欲しいです。「これぞ21世紀のミッドサイズ・スポーツカーだ」と言えるクルマを目指し、共同で開発していくことにいたしました。とコメントしています。

「シャーク・ノーズ」のフロントエンドも踏襲

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。