トヨタ、配車事業で提携加速 東南アジア大手「グラブ」と協業

 トヨタ自動車は30日、東南アジアの配車サービス大手グラブと協業を始めると発表した。グラブの保有するレンタカー車両から走行データなどを集めて、グループ企業の各種保守サービスや金融・保険サービスなどの提供につなげる。トヨタは米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズとも提携するなど、世界で急速に広がるサービスへの対応を急ぎ、激化する競争を優位に進めたい考えだ。

 グラブは東南アジアを中心に自家用車を使って有料で客を運ぶ「ライドシェア(相乗り)」やレンタカーサービスなどを手掛ける。スマートフォンを使う配車サービスのアプリのダウンロード数は5500万回、登録ドライバー数は120万人を超えている。トヨタは、急成長を続けるグラブの登録ドライバー向けなどに各種サービスを提供するほか、車両更新時にトヨタ車を勧め、販売の上積みにもつなげたい考えだ。

 トヨタが配車サービス大手との連携を矢継ぎ早に進めるのは世界各地でサービスが急速に広がっているためだ。2010年に配車サービスを開始したウーバーのサービス利用回数は今年5月ですでに50億回を超えた。さらなるサービスの利用拡大を見越して自動車メーカーでは米ゼネラル・モーターズ(GM)が米配車サービス大手リフトに出資。ホンダもグラブに出資して東南アジアでの二輪車のライドシェア事業への参入を検討するなど、配車サービス事業者と提携する動きが活発化しつつある。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。