ホンダ、軽自動車中心のイメージ強まる恐れも 新型「N-BOX」を発表

ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」と、蓄電機「E500」を手する本田技研の寺谷公良執行役員日本本部長=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)
ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」と、蓄電機「E500」を手する本田技研の寺谷公良執行役員日本本部長=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)【拡大】

  • ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」カスタム=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)

 ホンダは31日、主力の軽自動車「N-BOX」を全面改良して9月1日に発売すると発表した。最新の安全技術を全車に取り入れたのが特徴。ホンダの国内販売の約3割を占めるN-BOXの新型の月販目標は、従来比25%増の1万5千台で、ホンダの軽販売比率はさらに高まる見通し。

 2代目となる新型の特徴は安全装備の充実。自動ブレーキや、後方への誤発進防止機能など独自の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を装備した。希望小売価格は138万5640~208万80円。

 平成23年12月発売の初代は、軽の年度別の新車販売台数で4回首位となるなど大ヒット。新型の販売目標は、その初代から3千台も上積みする強気の計画だ。

 ホンダにとってN-BOXは国内最量販車種であり稼ぎ頭だが、売れ過ぎで悩ましいのがブランドイメージに与える影響だ。若者を中心に、ホンダ車に「軽とミニバン中心」という印象が根付きつつあるからだ。

 そうしたイメージを変えるため、スポーツカー「NSX」を昨年復活させ、今年9月には乗用車「シビック」を国内再投入する。デザインや走行性を重視したモデルの投入で、ホンダ車全体のブランド力向上につなげる狙いがある。寺谷公良執行役員は31日、東京都内で開いた発表会で「スポーティーなシビックと、生活を豊かにするNシリーズをどう包含したブランドにするかは課題」と語った。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。