東芝メモリ売却、「日米韓+アップル」提案 WDと溝、月内決着せず (1/2ページ)

東京都港区芝浦の東芝本社(宮崎瑞穂撮影)
東京都港区芝浦の東芝本社(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐって、当初の優先交渉先だった「日米韓連合」が、米アップルも参加する新たな買収の仕組みを東芝に提案したことが分かった。一方、米ウエスタンデジタル(WD)陣営との交渉はもつれ、東芝は31日午前に取締役会を開いたが、当初検討していたWDへの独占交渉権の付与を見送るもよう。売却交渉は長期化する見通しだ。

 東芝は今月下旬、WD陣営への売却を固め、詰めの交渉に臨んでいたが、将来の経営関与をめぐって溝が埋まっていない。

 一方、日米韓連合に参加する米投資ファンドのベインキャピタルが新たな買収案を示してきた。東芝は、WD陣営と合意できない中、日米韓連合の新提案も並行して検討。31日の取締役会でWD陣営に独占交渉権を与えないことにした。

 日米韓連合の新提案はベイン、官民ファンドの産業革新機構、日本政策投資銀行、韓国半導体大手のSKハイニックスという主要メンバーに、新たな目玉としてアップルも加え、買収額を2兆円規模にしているとみられる。ただ、WDが起こした訴訟をどう解決するかなど課題も多い。

 関係者によると、台湾の鴻海精密工業も新提案を準備中という。

東芝社内ではWDへの不信感が強い

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。