東京海上、アプリで集客支援

 東京海上日動火災保険は31日、地方銀行と連携し、地域の飲食店や商店などの集客を支援する取り組みを始めると発表した。専用のアプリを入れたスマートフォンを持つ人が店先を通りかかると、その店で使えるクーポンやお得な情報を自動で送る。地域経済の活性化を図るのが狙いだ。東京海上がITベンチャーと共同でアプリを開発。地域にネットワークを持つ地銀が運営し、利用料を支払う。11月から宮崎市内で宮崎銀行と実証実験を行い、集客効果などを検証。その後、各地の地銀に参加を促す。2018年度に全国でのサービス開始を目指す。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。