8月の国内新車販売 5.5%増10カ月連続プラス 新型車が牽引

 8月の国内新車販売台数は、前年同月比5.5%増の35万5308台と10カ月連続で前年実績を上回った。軽自動車以外の自動車(登録車)は4.7%増、軽は7.2%増だった。ともに好調な新型車が全体を牽引(けんいん)した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日、発表した。

 登録車では、昨年発売した新型のミニバン「セレナ」が引き続き好調な日産自動車が15.7%増加した。ミニバン「フリード」の売れ行きが良いホンダは14.0%増だった。一方、トヨタ自動車は主力のハイブリッド車「プリウス」の売り上げが落ち込んで3.4%減となり、トヨタの高級車ブランドであるレクサスも31.0%減だった。マツダは12.4%減。

 軽では、三菱自動車から軽の供給を受ける日産が、昨年4月の燃費不正問題の反動で30.5%増えた。新型「ミラ イース」が好調なダイハツは9.7%増。新型「ワゴンR」が売れ筋のスズキは7.0%増だった。ホンダとSUBARU(スバル)は減少した。

 全軽自協は「新型車効果で軽の需要が戻りつつあり、市場が復調してきた」と指摘した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。