静岡と焼津、浜松と磐田 信金合併へ

記者会見で握手する、静岡信用金庫の田形和幸理事長(左)と焼津信用金庫の牧田和夫理事長=1日午前、静岡市
記者会見で握手する、静岡信用金庫の田形和幸理事長(左)と焼津信用金庫の牧田和夫理事長=1日午前、静岡市【拡大】

 静岡県の静岡信用金庫(静岡市)と焼津信用金庫(焼津市)は1日、2019年2月をめどに対等合併すると発表した。浜松信用金庫(浜松市)と磐田信用金庫(磐田市)も同日、19年2月をめどに対等合併すると発表した。

 日銀のマイナス金利政策により収益環境が厳しい中、県内4信金が経営基盤の強化に向けて再編に動いた。

 17年3月末の預金量は、静岡信金が県内2位の8459億円、焼津信金は6位の5862億円で、単純合算すると1兆4321億円。一方、浜松信金は1兆6063億円。県内の12信金では首位を走る。磐田信金は県内5位の7018億円で、単純合算すると2兆3081億円となる。

 全国で地方銀行などの再編の動きが活発化し、東海地域では三重県の三重銀行(四日市市)と第三銀行(松阪市)が経営統合することで基本合意している。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。