タカタ欠陥エアバッグ米集団訴訟 ホンダ、670億円で和解

 タカタの欠陥エアバッグ問題をめぐり、米国の所有者らが自動車メーカーを相手取って起こした集団訴訟で、ホンダは、6億500万ドル(約670億円)を支払うことで和解したと発表した。

 タカタのエアバッグ搭載車が最多だったホンダが和解したことで、補償問題はヤマ場を越えた。和解金はエアバッグの交換呼びかけを加速させるための資金や、修理の際に所有者が負担した費用の補償などに充てられる。

 集団訴訟では、トヨタ自動車、マツダ、SUBARU(スバル)、BMWの4社が5月に合計5億5300万ドルを支払うことで和解。日産自動車も8月に約9700万ドルで和解した。

 タカタの欠陥エアバッグをめぐっては、米国では関連事故で13人が死亡した可能性があり、約4200万台がリコール(回収・無償修理)対象になっている。(ワシントン 小雲規生)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。