関電、「クロヨン」ダムの内部を公開 水力の利点説明

黒部川第4発電所内で、発電機の説明をする関西電力の担当者=2日午後、富山県黒部市
黒部川第4発電所内で、発電機の説明をする関西電力の担当者=2日午後、富山県黒部市【拡大】

 関西電力は3日までに、「クロヨン」の愛称で知られる水力の黒部川第4発電所(富山県黒部市)の内部の設備や、同発電所に水を送る国内最大級の黒部ダム(同県立山町)を報道陣に公開した。火力発電よりも短時間で出力を調整でき、電力需要に応じてきめ細かく稼働率を変えられる水力の利点を説明した。

 地下約200メートルにあるクロヨンは通常は公開しておらず、無人運転で富山市の指令拠点から遠隔操作している。発電機の水車が音を上げて高速で回転し、発電する。

 ダム内部には幅数メートルのトンネル状の通路が張りめぐらされ、作業員がダム壁面の放水口近くまで行けるようになっている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。