【知恵の経営】難局での一体感、成功の鍵 (1/3ページ)

 □アタックスグループ主席コンサルタント・丸山弘昭

 若手経営者との夏季経営トップセミナーで、2016年10月に東証マザーズに上場したユーザベースの梅田優祐取締役CCO(チーフクリエイティブオフィサー)と対談した。起業から上場までの苦労話は起業する人や、成熟産業で悩んでいる若手の事業承継者に気づきの多い内容だった。

 ユーザベースの事業は2つ。1つは「SPEEDA(スピーダ)」。法人向けに企業・業界に関する経済・金融情報を提供する。現在、上海、香港、シンガポール、スリランカに拠点があり利用企業600社・団体のアジアナンバーワンサービスとなっている。梅田氏は大学卒業後、戦略系コンサルティングファームや外資系証券会社でコンサルタントを経て、友人2人とともに27歳で起業した。動機はコンサルタント時代に業界分析リポートの情報収集に大変苦労したことだ。グーグルのように手軽に検索収集できれば事業会社、金融・証券業界、コンサルティングファームなどで働く人の役に立つと考えた。当初は経験が生かせる戦略系コンサルファームとプライベート・エクイティファンド20社に焦点を絞って開発を進め、開発ができる人材とコンテンツという2つの大きな壁を乗り越えて事業化に成功した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。