AI使った配車アプリで需要予測 DeNA、タクシーで実験

乗客の需要が増えそうな地域を赤色で示した配車アプリ「タクベル」の画面(ディー・エヌ・エー提供)
乗客の需要が増えそうな地域を赤色で示した配車アプリ「タクベル」の画面(ディー・エヌ・エー提供)【拡大】

  • 配車アプリ「タクベル」を発表するディー・エヌ・エーの担当者(左)と神奈川県タクシー協会の幹部=4日、横浜市

 IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)は4日、人工知能(AI)を使って乗客の需要を予測するタクシーの配車アプリの実証実験を開始すると発表した。神奈川県タクシー協会と共同で、横浜市内の一部を対象に12日から10月31日まで実施。実用化し、来年以降は県外での導入も目指す。

 AIは天候や催し物などの情報を収集。30分後に顧客が増えそうな地域を予測し、専用アプリ「タクベル」を通じてタクシー運転手のスマートフォンに知らせる。DeNAによると、AIを使った配車アプリは国内では珍しいという。

 顧客もタクベルをスマホに取り込み、利用できる。タクベルに乗車地点や目的地などを入力すると、その入力情報を得た最寄りのタクシーが駆けつける仕組みだ。

 実証実験で、顧客が乗車までの待ち時間を減らせ、運転手は営業の効率が上がることを確かめる。その上で、来年1~3月に神奈川県内の統一配車アプリとして提供を始める計画だ。

 タクシー業界が配車アプリを導入する背景には、米配車サービス大手、ウーバー・テクノロジーズなどが日本での普及を模索している「ライドシェア(相乗り)」事業を迎え撃つ狙いもある。DeNAは神奈川県外でも、タクシー協会などと積極的に連携していく方針だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。