スズキ、四輪車の国内累計販売2500万台超 軽「アルト」が最多

 スズキは4日、軽自動車を含む四輪車の国内累計販売台数が、8月31日に2500万台を突破したと発表した。1955年に軽「スズライト」で四輪車事業に参入してから61年11カ月での達成となった。内訳は、軽が約2296万台、登録車が約205万台だった。車種別では軽「アルト」が577万台と最多で、軽「ワゴンR」(448万台)、商用軽「キャリイ」(446万台)と続いた。

 スズキによると今年7月末時点での同社の四輪車の世界累計販売台数は約6260万台に達したという。市場別では日本が最も多く、次いでインド(約1676万台)、中国(約369万台)、インドネシア(約222万台)だった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。