JXTG、全給油所を「エネオス」に統一へ…「エッソ」「モービル」「ゼネラル」は消える

 JXTGエネルギーが、4つある給油所(ガソリンスタンド)のブランドを全て「ENEOS(エネオス)」に一本化する方針を固めたことが5日、分かった。数年かけて切り替えを完了させる見通し。ガソリン需要が縮小する中で、ブランドを統一して運営を効率化し、消費者の利便性を高める狙い。

 JXTGエネルギーは、旧JXエネルギーと旧東燃ゼネラル石油が今年4月に合併して発足した。JXTGの給油所の全国シェアは4割程度。東燃ゼネラルが使っていた「エッソ」と「モービル」「ゼネラル」のブランドの給油所計3千カ所強と、JXのENEOSの約1万カ所を併用している。

 エッソとモービルは東燃の親会社だった米エクソンモービルのブランドで、日本で半世紀にわたり掲げられてきた看板が姿を消すことになる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。