カネボウが新木優子主演ドラマ配信 「きれいになりたい」20代女性の心つかめるか (1/2ページ)

女優の新木優子さん
女優の新木優子さん【拡大】

  • 新木優子さん(提供写真)
  • 新木優子さん(提供写真)
  • 新木優子さん(提供写真)

 化粧品各社が、20代前半を中心とする若い女性の開拓に力を入れている。カネボウ化粧品は、あまりスキンケア化粧品を使ったことがない若者向けのドラマを制作し、5日にネット上で配信を始めた。また、資生堂は、売り場に独自のデジタル機器を導入して20代女性への接客を強化した。国内市場が縮小する中、他社に先駆けて顧客を囲い込む考えだ。(井田通人)

 カネボウは、スキンケア化粧品「suisai(スイサイ)」をモチーフにしたショートドラマ「わたしのままで」を制作し、サイト上で無料配信を始めた。若手女優の新木優子さんを主人公に起用し、スキンケアを通して前向きになる主人公の姿を描いた。同社がこうしたドラマを制作するのは初めてで、「見た人に共感してもらい、スキンケア商品を試してもらう」狙いだ。

 一方、資生堂は東京・銀座の商業施設にある主力ブランド「SHISEIDO」の店舗を7月末に改装した。タッチパネル方式で商品内容や使用方法を表示する鏡を接客カウンターに設置したほか、計測した肌の水分量などのカウンセリング結果を、QRコードを使いスマートフォンで確認できる。資生堂は「(デジタル機器導入で)接点を作り、長く使ってほしい」と話す。