ICT活用で作業時間35%削減 日立建機が新型油圧ショベル

日立建機が発売する新型油圧ショベル「ZX200X-6」
日立建機が発売する新型油圧ショベル「ZX200X-6」【拡大】

 日立建機は5日、新型油圧ショベル「ZX200X-6」を平成30年1月に発売すると発表した。情報通信技術を活用し、作業にかかる時間を約35%短縮できる。作業負担の軽減や人手不足への対応に役立てる。

 準天頂衛星「みちびき」を使った衛星測位システムや掘削部のセンサーなどの情報を基に、機器の動作を半自動制御し、掘りすぎを防ぐ機能を強化。作業内容に応じ、速度や精度を優先するよう切り替えができるという。

 標準小売価格は、バケット容量が0・8立方メートルのタイプで3860万円。国内で年間100台の販売を目指す。販売開始に先立ち、子会社の日立建機日本(埼玉県草加市)が9月からリースを始める。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。