SBと愛知県警、迷惑メール対策で連携

 ソフトバンクと愛知県警は4日、有料サイト利用料の架空請求など携帯電話の迷惑メール防止対策で連携すると発表した。不審な電話番号情報を共有し、ショートメールを使った架空請求詐欺の撲滅を目指す。

 システム開発会社のトビラシステムズ(名古屋市)が愛知県警から情報の提供を受け、データベースの構築や検証を手掛ける。

 閲覧していないサイトの料金などを不当に請求するショートメールが犯行に使われた場合、番号を3者で共有する。共有したメールが別の利用者に届くと、警告などを表示して知らせる。ソフトバンクが契約者向けに、9月末をめどにサービスを始める。

 東京都内で開いた記者会見で、愛知県警の梶浦哲哉刑事部参事官兼生活安全部参事官は「架空請求詐欺は被害者の性別や年齢を問わず急増しており、幅広い対策が必要だ」と訴えた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。