全28カ所にテレビ電話通訳 日本ホテル、多言語対応サービス

 JR東日本の100%子会社である日本ホテル(東京都豊島区)は、運営している東京ステーションホテルなど全28カ所のホテルへ、テレビ電話通訳サービスを導入する。

 同ホテルはインバウンド(訪日外国人観光客)対策として、スタッフの英語教育などに力を入れてきた。しかし、英語圏以外の宿泊客が増加していることから、国籍を問わず充実した接客を実現するため、多言語対応の通訳サービスを採用した。

 テレビ電話通訳サービス「スマイルコール」を提供するのは、法人向けインバウンド支援を手掛けるインデンコンサルティング(京都市中京区)。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などのビデオチャット機能を利用し、直接顔と顔を合わせながら英、中、韓など5言語を24時間365日通訳する。電話での音声通訳や文字の翻訳で伝わりにくい細かなニュアンスや表情を伝えられる。