テスラ台頭も「歓迎」 日産の西川社長、EV革新に意欲

報道陣の取材に答える日産自動車の西川広人社長=6日、千葉市(宇野貴文撮影)
報道陣の取材に答える日産自動車の西川広人社長=6日、千葉市(宇野貴文撮影)【拡大】

 日産自動車の西川広人社長は6日、産経新聞などの取材に、世界でEVの製品ラインアップが充実してくる時期を2019~20年と予測し、「モータードライブの価値を一段と高めたい」と技術革新に向けた意欲を示した。「EVであることに加えた商品の魅力を訴えていく」と商品の差別化を進める考えを強調。EVの“先駆者”として市場をリードする構えだ。

 西川社長は、テスラの台頭でEV市場が拡大することは「歓迎すべきことだ」とした上で、自動運転技術などを搭載した新型「リーフ」について「商品の差別化がだいぶできている」とアピール。「急速充電の時間が短縮化すれば飛躍的に使いやすくなる」と技術的課題も説明した。また、販売台数を現行の2~3倍に拡大する目標に向けて、「顧客にできるだけ試乗する機会を設け、経験を広めてもらいたい」と述べた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。