AI活用し駅の混雑状況スマホに配信

 東芝インフラシステムズ(川崎市幸区)は、小田急電鉄にコミュニケーションAI技術「RECAIUS(リカイアス)」を納入したと発表した。小田急はこのソフトウエアを活用し、駅構内の混雑状況をスマートフォンに配信するサービスをすでに開始している。駅構内のカメラで撮影した画像から、RECAIUSによって人物認識した情報に基づき、混雑状況を人型アイコンの画像にイメージ化して配信する。東芝インフラシステムズは画像データの認識や加工に関する技術を小田急に提供した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。