栃木県内で初の「理容遺産」 岡田記念館の市村理髪館が認定 建物や道具高評価 (1/2ページ)

市村理髪館の店内で認定書を手にする岡田陽子館長=栃木市嘉右衛門町
市村理髪館の店内で認定書を手にする岡田陽子館長=栃木市嘉右衛門町【拡大】

 栃木市嘉右衛門町の岡田記念館内に保存されている「市村理髪館」が「理容遺産」に認定された。理容業関係で歴史的に貴重な建物や器具を後世に伝える制度で県内では初の認定。県内最古の理髪店とされ、保存されている建物や店内、道具などが高く評価された。岡田記念館の岡田陽子館長(81)は認定に驚き、「これからも大事に残していきたい」と喜んだ。

 室町時代から続く名家、岡田家の家屋や家財を展示している岡田記念館内にある市村理髪館は、明治4(1871)年の断髪令に伴い、開業した。平成元年まで営業。廃業後も建物や備品がそのまま残されており、全国的にも文化的価値が高いと評価された。木造平屋の建物や椅子、鏡、はさみなどは創業時のままだという。

 岡田記念館で4日、鈴木俊美市長や理容関係者ら約40人が集まり、記念碑を除幕。全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連)の大森利夫理事長から岡田館長に認定書が授与された。

 岡田館長は「明治の頃は一見の客は受け付けない格式の高い店だったようだ。昭和には、うちの子供たちも利用した。できる限りこのまま守って、皆さんに見てもらえれば」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。