VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」 (1/2ページ)

「PSVR」向けに提供されている映像作品「傷物語VR」の一場面(SIE提供)
「PSVR」向けに提供されている映像作品「傷物語VR」の一場面(SIE提供)【拡大】

 仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化している。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されている。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題だが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されており、各社はノウハウの蓄積に余念がない。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーション(PS)VR」は、主にゲームを楽しむ端末だが、映像コンテンツの提供も目立つ。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発した。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容だ。

 仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができる。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影される。利用者の視線や行動により、隣に座る登場人物の反応が変わるという相互作用も特徴。ゲームと映像作品の“垣根”が低くなっていく方向性を印象づける。

 SIEは映画「シン・ゴジラ」のコンテンツも提供。PSVR以外でも、アニメ制作会社プロダクション・アイジーがスマートフォン向けに「攻殻機動隊」のコンテンツを配信している。

KDDIは日本航空などとタッグ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。