太陽表面大爆発、通信機器へ影響懸念

 情報通信研究機構は7日、太陽表面の爆発現象「フレア」が6日午後9時ごろ発生したと発表した。2006年12月以来の大きさだという。人体に影響はないが、電気を帯びた大量の粒子が8日午後にも地球に到達、通信機器や衛星利用測位システム(GPS)に影響を及ぼす恐れがある。米航空宇宙局(NASA)の観測衛星が太陽フレアを捉えた。情報機構によると、太陽フレアにより放出された粒子(プラズマ)は8日午後3時から9日午前0時にかけて地球に届く見込み。磁場や上空の電離層が乱れ、GPSに誤差が生じる恐れがある。短波放送や航空、船舶、防災無線に影響することも懸念される。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。