全日空、エアバス新機種が羽田到着

 全日空が欧州の航空機大手エアバスから購入した新機材「A321neo」の初号機が8日、ドイツから羽田空港に到着した。国内航空会社として初めての導入で、羽田発着の国内線で運航する。初便は12日の羽田-熊本の予定。エアバスの従来機「A321ceo」より燃費効率が15%向上。全日空の国内線用機種としては初めて、194席全てにタッチパネル式のモニターを備え、テレビ番組などを見られる。海外では4社が既に運航しており、全日空も2023年度までに22機導入する。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。