リニア名古屋以西早期開業へ決起大会

 三重、奈良、大阪の3府県などは11日、リニア中央新幹線の名古屋-大阪ルートの早期開業を求め、国やJR東海との連携を深める決起大会を大阪市で開いた。松井一郎府知事は「地元自治体としても着工に向け、さまざまな協力を惜しまない」とあいさつした。

 リニア中央新幹線は、東京・品川-名古屋は2027年に先行開業予定。政府は45年の予定だった大阪までの全線開業を最大8年前倒しする方針を示している。名古屋以西は、国の整備計画で奈良市付近を通るとしているが、京都府などが京都経由を求めている。

 来賓として出席したJR東海の柘植康英社長は「詳細なルートや駅の位置は、環境アセスメントの手続きを通じて決める」とした上で「3府県の自治体とは今後、実務的な意見交換を含めて連携したい」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。