“京急カラー”のバスで観光 来月以降、三浦半島に導入

観光用として走らせる2階建てバス
観光用として走らせる2階建てバス【拡大】

 京浜急行電鉄は11日、10月以降に神奈川県の三浦半島で観光用として走らせる2階建てバスを、同県横須賀市の車両工場で報道各社に公開した。赤とクリーム色が特徴の京急電車をイメージしたデザイン。

 屋根がない「オープントップ」と呼ばれるタイプで、担当者は「開放的な空間で海や風、田園風景といった三浦半島の魅力を体感してほしい」と話した。

 京急で最速電車の「快特」などに使われている「2100形」をモデルとしており、バスは電車を並べて披露された。

 バスは2階に42席。補助席として利用する1階は、2100形と同じ生地のシートやカーテンを使い電車内の雰囲気を演出した。バスガイドが三浦半島の見どころについて紹介する予定。運行コースなどの詳細は今月下旬に発表する。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。