【Bizクリニック】トップは最大の広報マン (1/2ページ)

広報ブレーンの管野吉信代表取締役
広報ブレーンの管野吉信代表取締役【拡大】

 □広報ブレーン代表取締役・管野吉信

 企業広報は、一般社会と良好な関係を構築・維持していくために、また自らのブランド力を増していくために行う活動だ。経営トップが理解し、率先して行動しないと、広報活動は長続きしない。ニュースをつくるのも、取材を受けるのも、メディアの記事掲載によって最も影響を受けるのも、すべてトップだからだ。広報活動はトップのやる気次第であり、トップが最大の広報マンにならなければいけない。

 広報活動を行うに当たり、よく見受けられるのは、トップが広報の本質を理解せず、広告・宣伝と同列と考えるケースだ。このような経営者の場合、ニュースネタは新商品・新サービスに偏りがちになる。ある上場会社は、ニュースリリースを「営業部」名で発信し、リリースの中身は商品カタログに近い書き方をしていた。受け取ったメディアは、このリリースの何が社会性であり、何が他にない特徴なのか、さっぱり分からない。メディアには連日、100本を超えるリリースが送られるから、このリリースが記事として掲載される可能性は非常に低くなる。

 また、経営トップの広報姿勢が試されるのは不祥事を起こしたときだ。広報を広告・宣伝ではなく、一般社会と良好な関係を構築・維持していくための活動と認識していれば、不祥事の際にも説明責任を果たし、誤解や風評の流布を防ぐことができる。ところが頬かむりして嵐が過ぎ去るのを待つトップが多く、インターネット上に事実でないことも含め書かれてしまう。ネット上の記事は残り続ける。そのときに説明しようとしても、機会を失っている。

経営トップは「情報戦」の総帥