ヤフー、がん治療に遺伝子情報活用 別府病院などと連携

 ヤフーは、九州大病院別府病院(大分県別府市)や別府市医師会と共同で、がん患者に対して遺伝子検査の情報を活用して最善の治療法を提供する取り組みを始める。地元の開業医とも情報を共有し、体調管理や、再発防止に役立てることを目指す。

 ヤフーは2014年から、唾液などを通じて病気のリスクを予測する遺伝子検査サービスを一般向けに提供している。今回の取り組みでは、別府病院の消化器がんや乳がん患者を対象に、本人の同意を得た上で遺伝子検査を実施。

 検査結果を医師らが閲覧できるシステムを開発し、当該患者の症状や生活スタイルに合った投薬や治療法を選べるように手助けする。

 まずは希望する患者約50人を対象に始めた上で、提携する開業医を増やし、退院後もかかりつけ医などを通じて適切な治療が受けられるような体制づくりを目指す。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。