NEDO、AIベンチャー対象の公募委託研究制度で6社の案件を採択

NEDOの公募型委託研究事業に採択されたAIベンチャーの代表者たち=東京都千代田区
NEDOの公募型委託研究事業に採択されたAIベンチャーの代表者たち=東京都千代田区【拡大】

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はこのほど、AI(人工知能)ベンチャー向けの公募委託研究制度で6社の案件を採択し、各社に800万~5000万円を交付することを決めた。委託期間は2019年3月31日まで。

 5月22日から約2カ月間に寄せられた57件のうち、書類選考で絞られた12件について、8月17、18日に実演による面接審査を実施。技術の新規性や実現の可能性などを踏まえてテーマを選出した。最優秀賞となったHmcomm(エイチエムコム、東京都港区)は、産業技術総合研究所(産総研)発ベンチャー企業で、方言や外国語なまりなどといった多様な話者に対応した音声認識技術の実用化をテーマにしている。

 主催したNEDOロボット・AI部の関根久プロジェクトマネージャーは「ベンチャー支援を通じてAIの社会実装を促し、新たな需要の創出につなげたい」と語った。

 他の受賞者は以下の通り。

 優秀賞・審査員特別賞=ARアドバンストテクノロジ(東京都渋谷区)・島津製作所、SOINN(ソイン、横浜市緑区)、BEDORE(ベドア、東京都文京区)▽審査員特別賞=アースアイズ(同中央区)、シナモン(同渋谷区)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。