しわ改善効果の医薬部外品、資生堂が第2弾 顧客開拓へ花王も参入視野 (1/2ページ)

資生堂が11月1日に発売するしわ改善クリーム「リンクルリフト・ディープレチノホワイト4」
資生堂が11月1日に発売するしわ改善クリーム「リンクルリフト・ディープレチノホワイト4」【拡大】

 化粧品各社が、しわの改善効果をうたった医薬部外品を相次ぎ市場投入している。資生堂が第2弾商品を11月1日に発売すると発表したほか、花王も市場参入を目指している。同様の商品は、ポーラ・オルビスホールディングス傘下のポーラが1月に薬用美容液を初めて投入し、商品の多様化が進む国内市場にあって異例の大ヒットとなっている。各社では、少子高齢化で消費者の平均年齢が上がる中、顧客開拓の切り札としたい考えだ。

 資生堂は、グローバルブランド「SHISEIDO」のアジア向けスキンケアライン「バイタルパーフェクション」で、しわ改善クリーム「リンクルリフト・ディープレチノホワイト4」(1万2960円)を11月1日に発売する。深いしわにも有効な成分「純粋レチノール」を配合、朝と夜の手入れどきの最後に塗ると、目元や口元のしわが改善する。美白効果のある別の成分も配合した。

 百貨店やウェブサイト「ワタシプラス」上で扱うほか、11月中に中国でも発売し、海外市場も開拓したい考えだ。

 同社がしわ改善効果をうたった医薬部外品を投入するのは、スキンケアブランド「エリクシール」から6月に発売したクリームに続き2商品目となる。エリクシールのクリームは当初、約半年で100万個の販売を目指していたが、発売後1カ月で68万個を売り切り、目標を120万個に上方修正した。

 一方、ポーラが1月に発売した薬用美容液「リンクルショット・メディカル・セラム」も、年内に100億円の販売目標を125億円に引き上げたほか、「現在もそれを上回るペースで売れ続けている」という。

花王も既に申請、コーセーも興味示す

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。