三菱重工、英通信衛星を20年打ち上げ

 三菱重工業は12日、英国の衛星通信サービス大手「インマルサット」の通信衛星を、H2Aロケットで2020年に打ち上げると発表した。海外の衛星の打ち上げを受注したのは5件目。受注価格は非公表としている。

 H2Aは日本の主力ロケットで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が三菱重工とともに開発。07年から三菱重工が打ち上げを担っている。これまでに35回打ち上げ、1回失敗したが、最近は29回連続で成功。97.1%の成功率を誇り、同社は「高い成功率を強みに、海外からの受注に弾みを付けたい」としているが、海外のロケットより割高なのが課題。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。