JFE、川崎の製鉄所で高炉1基停止へ

 JFEスチールは12日、東日本製鉄所京浜地区(川崎市)の鋼を作る転炉設備で8月下旬にトラブルが発生し、近く高炉1基を停止すると明らかにした。9月中に稼働させる見通しだが、フル稼働までに時間を要し、10月まで供給に影響が出る恐れがある。自動車や造船などの顧客には、納期を遅らせてもらうよう要請を始めた。

 この影響で30万トン程度の減産を見込む。JFEスチールが1カ月に生産する量の6%程度に当たる。JFEは東日本製鉄所千葉地区(千葉市)など他の生産設備の稼働率を上げることで、影響を小さくしたい考えだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。