移動時間を「仮想空間」に 旅行業界に広がるVRサービス (1/2ページ)

航空機内で360度全方位に広がるVR動画を視聴するイメージ(日本航空提供)
航空機内で360度全方位に広がるVR動画を視聴するイメージ(日本航空提供)【拡大】

 観光業界で現実にはあり得ない世界に入り込んだ感覚が得られる仮想現実(VR)技術を活用した旅行商品を企画する動きが広がっている。シニアの旅行需要が高まる中、疲れることの多い移動時間の娯楽を充実させるのが狙いだ。長距離移動を快適にすれば、訪日外国人の需要を取り込めるとの期待もある。

 10日午前。成田空港を離陸した日本航空チャーター機内で、ビジネスクラスに乗り込んだ60~70代中心の乗客が、次々と目と耳を覆うVR映像の視聴機材を装着した。日航が企画した国内初となる航空機内でのVR実験だ。

 実験に参加したのは阪急交通社が企画した「北から南までぐるっと巡る『火の国』アイスランド周遊9日間」のツアー客だ。日本からアイスランドまでは片道約13時間。人気ツアーだが、シニア層には移動時間の長さが不満材料だった。日航は「移動時間を充実させれば付加価値が高まる」(広報)と期待を寄せる。

 渋滞による移動時間のロスが起きやすいバス旅行でも、VRを活用する動きが広がりつつある。東京急行電鉄グループの東急バスは、高級観光バス「東急トランセプレミアム」車内でVR映像を視聴する実証実験を5月に実施した。参加者には好評で今後のバスツアー企画に生かす。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。