東京スター銀、外国人向け住宅ローン発売 日本在住者対象

 東京スター銀行は13日、日本在住の外国人向け住宅ローンを14日に発売すると発表した。外国人を採用する日本企業の増加が見込まれる中、永住権を持たないため十分な金融サービスを受けられなかった外国人を積極的に取り込み、日本での暮らしを支援する。外国人に照準を絞った住宅ローン商品は業界初。これまでは個別に審査して対応するケースが多かった。対象は、日本に住んでいて、日本語の契約規定を理解できる外国人(家族などの助けがあれば理解できる場合を含む)。

 厚生労働省によると、日本で働く外国人は昨年10月時点で108万人と、この5年間で1.6倍に増加。今後も拡大が続くとみられている。

 同行は東京・赤坂の本店ラウンジに中国語と英語を話せるスタッフ5人を常駐させるほか、コールセンターでも中国語と英語対応を始める。