ウーバーへの出資検討を表明 ソフトバンクの孫正義氏「革命的な進化が起きる」

記者団の質問に答えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=18日、ニューヨーク(共同)
記者団の質問に答えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=18日、ニューヨーク(共同)【拡大】

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は18日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズへの出資を検討していると明らかにした。訪問先のニューヨークで記者団の質問に答えた。

 ソフトバンクは配車サービスに関し、中国やインド、シンガポールの企業にも出資している。孫氏は「新しい時代の交通で、革命的な進化が起きると思っている。強い関心がある」と説明した。

 孫氏は「ステップ・バイ・ステップで、これから検討ということだ」と述べ、詳細についての説明は避けた。米メディアは、ソフトバンクなどによるウーバーへの出資が最大100億ドル(約1兆1千億円)に上り、交渉が今週にも決着すると報じていた。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。