障害者アスリートに輝かしい「夜明け」を 日立ソリューションズの変革 (1/2ページ)

競技会場で指導する荒井秀樹監督=2016年1月、北海道旭川市(日立ソリューションズ提供)
競技会場で指導する荒井秀樹監督=2016年1月、北海道旭川市(日立ソリューションズ提供)【拡大】

 【企業とスポーツ】日立ソリューションズ(下)

 ■「情熱は磁石」未来の夜明け

 そろいのコスチュームに身を包み、選手に大声援を送る集団は、いつしか障害者クロスカントリースキー会場の名物になった。日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)」後援会の会員たちである。

 海外大会にも応援

 発足した2005年当初は競技場に数人が応援に来るほどであったが、いまや100人以上が競技会場に乗り込む。国内ばかりか、パラリンピックをはじめとする海外の大会まで。

 「本当に大きな力をもらえるんです」。クロスカントリースキーの金メダリスト、新田佳浩選手はうれしそうに話した。

 同社の前身、日立システムアンドサービスに障害者スキーチームが創設されたのは04年。10年後の14年には車いす陸上競技部も立ち上がり「チームAURORA」となった。その間、日立ソフトウェアエンジニアリングと日立システムアンドサービスが合併、現在の会社になった。

 合併会社に必要とされる「一体感の醸成」はもちろん、北米や中国、インドなど海外に子会社を持つ同社にとって、国際競技大会応援は「グローバルな意識の喚起にも役立つ」と人事総務部門を管掌する石川浩常務。だからこそ、いまの後援会の会員を「まだまだ増やしていきたい」と話す。

イタリア語で「夜明け」、発展を願って命名