【ハザードマップ】郷鉄工所/亀山亭 施設増設で多額の負債、観光客も減少 (1/2ページ)

 ▼郷鉄工所 東証2部と名証2部に上場する産業機械製造の郷鉄工所は9月11日付で破産手続きを弁護士に一任した。

 同社は当初、ダム建設などで使用する建設機械修理などを手掛け、1962年10月に名証2部に上場。その後、破砕粉砕機などの橋梁(きょうりょう)鉄構部門を主業に、水門などの製造も行うなど異業種分野にも進出し、ピークの93年3月期には売上高約90億8800万円を計上した。

 しかし、その後は減収が続いた。16年3月期は環境装置製造(27.4%)、橋梁鉄構および水処理装置(23.6%)、ライニング品製造(23.2%)、破砕粉砕機製造ほかを手掛けていたが、売上高は37億9080万円まで減少。同期に5億9470万円の債務超過に転落した。

 2016年5月、債務超過解消に向け株主割当増資を行うと発表したが、予定の払込額に届かず失権。同年8月以降は金融機関からの借り入れが困難となり、厳しい資金繰りが続いた。17年3月期も業績改善は進まず、8月18日に取引先から金融機関口座が差し押さえされる事態となった。8月10日には17年3月期決算の有価証券報告書が期限内に提出できなくなり9月11日付で上場廃止が決定していた。

 ▼亀山亭 亀山亭は8月23日、大分地裁日田支部から特別清算開始決定を受けた。

 同社は1874(明治7)年、料亭として創業。戦時中の休業を経て1945年10月から旅館業を併営し、58年に現在地に観光ホテル「亀山亭」を建設した。業歴140年以上を数え、地域を代表する観光ホテルとして知られていた。しかし、その後の施設増設などで多額の負債を抱えていたうえ、観光客の減少などで売り上げは低下、厳しい資金繰りを強いられていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。