FFG社長、十八銀との統合に強い意欲 「時間かかってもしっかりと」

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の柴戸隆成社長は22日、公正取引委員会の審査難航を受けて期限を定めずに延期した長崎県地盤の十八銀行との経営統合をめぐり、実現に改めて強い意欲を示した。福岡市で開いた記者会見で「時間がかかってもしっかりとやりたい」と語った。公取委との協議は継続中だとしつつも、進展があるかどうかなど具体的な内容には言及しなかった。

 柴戸社長は、FFGと十八銀との統合に伴い、一部で懸念されているような顧客サービスの低下といった「直接的な影響は出ない」と説明。「これまで以上に融資先が抱える問題の把握に努め、解決策を提供していく」との考えを示した。

 今後、地方で人口が減少し市場の縮小が予想され、地銀再編に関しても「合従連衡や提携は今後も進む」と指摘。ただ仮想通貨やキャッシュレス決済といった金融サービスの技術革新を踏まえ、銀行業界への影響は「フィンテック企業の方が破壊的でインパクトがある」と強調した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。