プリファード、「最大級スパコン」稼働

 人工知能(AI)ベンチャーのプリファード・ネットワークス(PFN、東京都千代田区)は、民間では国内最大級のスーパーコンピューターを稼働した。自動運転技術やがん診断などのディープラーニング(深層学習)の研究に活用する。NTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズの高速演算処理プラットフォームを採用。米半導体大手エヌビディアが開発した画像処理半導体(GPU)を1024個搭載、理論上の最大計算速度は毎秒4700兆回に達する。PFNはトヨタ自動車との自動運転技術開発などに取り組んでいる。