【現場の風】LINE、クラウド接続のAIで「もう一度、世界一目指す」 (2/2ページ)


【拡大】

 --米IT大手のほかにも、KDDIやソニーなどAIスピーカーは群雄割拠の状況だが、勝算は

 「本気で社運を懸けて取り組んでいる。音声スピーカーが現在は主眼になっているが、大事なのはクラウドにつながったAIというスピーカーの中身の部分だ。AIが学習するデータを一番多く持てるのは誰なのかを米グーグルやアマゾン、中国のテンセントやバイドゥなど各社で競っている。われわれもメッセンジャーアプリで世界一を目指して挑戦していたように、もう一度、AIで世界一に挑戦する気持ちでやっている」

【プロフィル】舛田淳

 ますだ・じゅん 早大社会科学部中退。2003年6月グローバルコンテンツネットワーク取締役を経て08年10月ネイバージャパン(現LINE)入社。15年4月より現職。神奈川県出身。