【Luxeな日本 ~地元発】茅葺き連なる大内宿で時間旅行気分 柳沼愛子 (1/2ページ)

 今も昔も訪れる人を癒やす場所が福島県にある。栃木県との県境、下郷町(しもごうまち)にある大内宿だ。

 周囲を山に囲まれ、「人里離れた」という表現を使いたくなるここには、茅葺(かやぶ)き屋根の建物が30軒以上立ち並ぶ。圧巻の光景に、会津若松と日光を結ぶ会津西街道の宿場町として栄えた江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になる。

 街道沿いをのんびり歩きながら、飲食施設や土産物店を見て回る。軒先で「来てくなんしょ」と声をかけられる。会津弁での会話にも癒やされる。忘れてはならないのが、名物のねぎそば。1本のネギをそのまま箸代わりにして、かじりながらそばを食べる。ネギを切らない、刻まないという縁起担ぎから生まれた作法だ。

 震災で激減した観光客も年間約80万人まで回復した。「これが本物の日本」と足を運ぶ外国人旅行者も増えている。アジア系の人が多く、下郷町で外国語講座が開かれることもある。ただ、大内宿観光協会によると、インバウンドはあまり意識しないそうだ。正直、何から始めればいいか分からないと話すが、地区の風情を守らねば、という会津人気質も垣間見える。

 そう、建物だけでなく会津魂を大切に受け継ぐ地元の気概も大内宿の魅力を作っている。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。